概要

Macbook ユーザ4年目のセットアップ手順を書く。

 

再インストールの手順

一応書いとく。

  1. バックアップする
  2. Command + R を押しながら起動
  3. ハードディスク消去を行う
  4. MacOS 再インストールを行う

 

Safari からダウンロードするもの

Google アカウントですぐにブックマークを同期する。 Chrome を規定のブラウザに設定する。

 

ターミナルでいろいろ設定する

# Finder の設定
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -boolean true
killall Finder

# Mac に必須の Homebrew を入手
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

# Ricty font をゲット
brew tap sanemat/font
brew install ricty
cp -f /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
fc-cache -vf

# 他のフォントもゲット
open https://github.com/edihbrandon/RictyDiminished
open https://myrica.estable.jp/
open https://github.com/adobe-fonts/source-han-code-jp/releases

 

必要なウェブページを全部開く

どうせ↑の Homebrew の設定に時間がかかっているはずだから、もう1個ターミナルを開いて以下のコマンドを流そう。ソフトウェアのウェブページを一気に開いてひとつずつインストールする。

open https://www.google.co.jp/ime/
open https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/options
open https://karabiner-elements.pqrs.org/
open https://slack.com/get-started#/find
open https://www.spectacleapp.com/
open https://www.alfredapp.com/
open https://www.sublimetext.com/3
open http://firealpaca.com/
open https://github.com/jbtule/cdto/releases
open https://github.com/tomislav/osx-terminal.app-colors-solarized
open https://dev.mysql.com/downloads/workbench/
open https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/
open https://apps.apple.com/jp/app/xcode/id497799835
open https://sparkmailapp.com/ja
open https://www.keka.io/en/
open https://www.avira.com/ja/free-antivirus-mac
open https://www.dropbox.com/
open https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-mac/
open https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO
open https://desktop.github.com/

 

GitHub から dotfiles を取得

.bash_profile や .bashrc を使うことで環境変数とかエイリアスを設定できる。これは GitHub にアップしている。ダウンロードしてからホームディレクトリにおいて完了だ。あと Git の設定ファイルに加え神アプリ Karabiner の設定もこれで復元。

  1. 自分の dotfiles をダウンロード。
  2. 下記コマンドで有効化。
CURRENT_PATH=`pwd`
ln -sf $CURRENT_PATH'/.bash_profile'  ~/.bash_profile
ln -sf $CURRENT_PATH'/.bashrc'        ~/.bashrc
ln -sf $CURRENT_PATH'/.gitconfig'     ~/.gitconfig
ln -sf $CURRENT_PATH'/karabiner.json' ~/.config/karabiner/karabiner.json
source ~/.bash_profile

 

たとえばこんなの

全部は書かないけれど、ドット・ファイルはこんなの。

.bash_profile は……

# .bashrcの実行
if [ -f ~/.bashrc ]; then
  . ~/.bashrc
fi

# tar圧縮のときリフォークソース(._)を除外する設定
export COPYFILE_DISABLE=true

# もともと入ってる /usr/bin のコマンドよりも brew のコマンドを優先する。
export PATH=/usr/local/bin:$PATH

# 新規ファイルでのみ echo "foo" > foo を許可する。
# 既存ファイルでは > が出来ず、 >> のみ許可(追記)。
set -o noclobber

.bashrc は……

# エイリアスの設定
# ls(カラー表示)
alias ls='ls -G'
alias ll='ls -lG'
alias la='ls -laG'

# カレントディレクトリ以下のDS_Storeを削除します。
alias deletedsstore="find . -name '*.DS_Store' -type f -ls -delete"

# Finderが重いときよく使う。
alias kf="killall Finder"

# Go to Desktop
alias gotodt="cd ~/Desktop/"

# これが覚えられないのはしょうがなくない?!
alias so="source ~/.bash_profile"

 

おしまい

ほとんどターミナル上でセットアップが完了するこの方式は気に入っている。

以下の記事からリンクされています