概要

前回のつづき。

花海咲季 (はなみ・さき) さんの True End を見れたぜ!

 

ストーリー

前回は、

そんな彼女は、まさにアイドルとしても妹に追い抜かされつつある今、どうするのか……。

という続き方だったけれど、結局彼女は、歌唱力、ダンス力、運動能力、表現力において妹に惜敗を喫した。そして、アイドル力だけで勝利を収めた。それがアイドルというものらしい。

なんだこのレーダーチャートはァ……。妹さんがバケモンすぎる。

 

進捗

  • True End の条件のひとつである、難易度プロへ挑むため、篠澤広 (しのさわ・ひろ) さんのストーリーを少し進めた。咲季さんとは違うキャラクターを進めることが条件なんだよな
  • 難易度プロの最終試験: 1位通過

1位通過時のパラメータはこんな感じ。

  • プロデューサーレベル: 14
  • ボーカル: 484
  • ダンス: 1046
  • ビジュアル: 995

作戦は……

  • アイテム "アイスコーヒー" で "集中" を上げまくる
  • 攻撃系スキルカード "絶対に負けない" "トークタイム" "バズワード" "コール&レスポンス" を "相談" イベントで強化する
  • 殴りまくる

なんという初心者用の脳筋キャラ。さすが主人公だ。いやあ、好きなキャラクターだったよ。性格やバックグラウンドもだけど、運動も勉強もどっちも最強クラスという設定なのがいいよね。ぼくは文武両道の人間が大好きなんだ。そして、大学飛び級の天才相手には普通に負けちゃって、テストは2位なのもいい。咲季さんは天才キャラではなく、努力家キャラなんだよね。ぼくは努力家が大好きなんだ。

 

その他所感

  • いやー面白かったよ! 拠点で準備を整えて、30分くらいの短めの冒険 (プロデュース) へ挑む、このシステムはローグライクと言っていいだろう。
  • ……うん、そうだよね。特性の違うキャラクターたちを使い分けてプロデュースへ挑むこの形式は、マップのないローグライクだ。
  • ただ世界設定がわかりづらかったかも。 "プロデュース" をやるときの世界は少なくとも時間軸をループしてるし、 "初星コミュ" の世界は "プロデュース" の世界とは別の世界だよね。
  • つまり、学園アイドルマスターは、パラレルワールドとタイムループ要素のある SF ローグライクだったんだよ!
  • なんだってー!
  • というわけで楽しめたんだけど、スマホゲームなので目を悪くしそうなのがちょっとね。