始めたんでプレイメモを書いていく。 




 
「シリーズ未経験者が難しく感じる難易度」「シリーズ経験者が難しく感じる難易度」「死のスリルを追求する奴が難しく感じる難易度」って難しいしかないじゃねーか! と大笑いしながら難易度は大戦に決定。



とりあえず今回は、先輩の死に乗じ見事人外ハンターへの就任を果たした主人公らが、上野のチャレンジクエストをこなすとこまで。 
 
VS フォルトゥナ(チャレンジクエスト)
    ブフが弱点。夢見針で眠りが入る。Lv12でクリア。
VS イツマデの群れ(チャレンジクエスト)
    マカカジャからのマハザンがヤバすぎる。だが体感では、ザン弱点の仲魔がいないときはあまり使ってこない気がする。ムドを使ってくるので、反対属性っぽいハマが効くのではと思ったらドンピシャリ。最終的にはエンジェル、タム・リン、ブフを継承させたカソ、という布陣で乗り切った。あと最後の最後で気付いたのだけど、MPの切れた仲魔がヤケクソで撃った毒がかなり有効だった。二回行動なので1ターンに二度100もの毒ダメが入るのだよな。毒は世界樹でも相当役に立ったし、こちらでも主力にできるか? Lv15でクリア。

以下雑多。
 
  • ステータス振りは、魔:速:運=7:2:1くらいにしている。基本的に相手にターンを回したらマズいので、主人公には基本の4属性を持たせて魔法でガンガンせめてもらう。
  • 仲魔の揃え方は、スキルメインで行ってる。まず4属性、ディアとポムズディ、夢見針かシバブーがレギュラーメンバー。ストックにマハ、ムド、そして一応トラフーリとエストマはキープしてある。
  • すれ違い通信についてだけど、ポケモンと同じようにネット経由ですれ違いができるのは助かる。ただ「すれ違い悪魔」と「すれ違いによりアプリポイント40ゲット」できたのは、折角高難度で始めたのに興を削がれるところがある。かといって、楽しいから使っちゃうんだよなあ。
  • アプリポイントといえば、ゲーム中設定で「戦死したハンターの遺体を本部に報告すると、そいつのアプリポイントを引き継げる」というシステムがあるのだが、これは同士討ちを誘発するだろ。アプリポイント欲しさにハンター狩りするハンターが出てくるだろ、これは。



あとダグザがわりとクエストに協力的でわらける。